土地から探している方

家を建てるためには土地が必要です。
かじもとではお客様の家づくりだけでなく、理想の土地探しもお手伝いしています。
初めて土地探しをする方は、まずは土地探しのコツや購入の流れをご確認下さい。

土地探しで失敗しないための5つのコツ

不動産は一生に一度の大きな買い物です。
しかし基本的な知識不足のために、残念ながら土地探しで失敗をする方が後を絶えません。
そこで、初めての方が土地探しに失敗しないための5つのコツをご紹介します。

Point
01

土地探しは80点が妥協ライン!

土地探しでは優先順位をつけることが大切です。
しかし優先順位を付けたとしても、そのそのすべての条件にぴったり当てはまる土地はなかなか見つからないものです。
土地探しでは、厳しく判断しても「80点」が妥協ラインといわれています。
逆に80点であれば、工夫次第でいくらでも欠点を補うことができます。
総合的に判断し、80点を超えているようであれば、土地の購入を検討してみましょう。

Point
02

土地より家のプランを先に決める!

そもそも土地がなければ家を建てられない。
そんな思いから、真っ先に土地を探す方も多いようです。しかし先に土地を決めてしまうと、土地の面積や形状という制限がついてしまい、理想の家をイメージしづらくなってしまいます。
そのため、まずは理想の家をある程度プランニングし、それから条件を満たす土地を探すようにしましょう。

Point
03

気になる土地は自分の目で確認する

気になる土地を見つけたら、必ず現地に足を運ぶようにしましょう。
実際に自分の目で見ることで、良くも悪くも様々な発見ができるはずです。また地元の不動産会社を訪れ、周囲の環境や災害歴について確認してみることも大切です。

Point
04

法規制・インフラを事前に確認

土地には建ぺい率や容積率、道路制限など様々な法規制が掛けられています。土地によって建物の高さや面積などに制限が加えられるため、必ず事前に確認するようにしましょう。
また上下水道、ガスなどのインフラ設備も重要です。インフラが整っていない場合、大規模な工事が必要になり、多額の費用が発生する場合もあります。

Point
05

意外と見落とす安全性のチェック

最後の最後になって、実は地盤のゆるい危険な土地であることが発覚するケースも少なくありません。
土地の安全性は他の条件と異なり、絶対に妥協できないポイントです。
地盤や周囲の自然環境、土地の災害歴など、安全性に関わる情報は可能な限り早い段階で確認しておくようにしましょう。

土地購入の流れ

初めての土地購入がどのような流れで進むか分からず、不安に感じる方も多いようです。土地の購入はおおむね次のような流れで進行します。通常、土地購入には不動産会社と金融機関が関係するため、それぞれの手続き内容を事前に確認しておくようにしましょう。

フロー図:土地のお申込み、土地の売買契約、ローン審査、引渡し、決済

土地のご案内

土地情報一覧

 

施工事例

イベント案内

前に戻る